2008年01月04日

リバウンドの仕組み

リバウンドの仕組みについて考えてみましょう^^

ダイエットと称して、食事制限を始めると、
今までと違って、栄養が身体に入ってこない!と
身体が認識してしまいます。

こういった栄養不足状態が続くと
生命維持機能である生体恒常性が働くことなります。

この生体恒常性が働くと最初の内は、面白いように
落ちていた体重がストップしてしまいます。

ちなみに、生体恒常性とは、生きる為に必要なエネルギーを
最小限に減少させた状態でも、体を維持できるようにすることです。

そして、この生体恒常性による体重ストップ状態が続き、
食事制限された状態でも問題なし!判断され、
認識されていくのですが、そうなるまでの期間に、
約1か月ほどを要すると言われています。
こういったことを知らない上に、体重が減らない状態が、
約1か月も続くと、続けることが苦になって、ダイエットを
諦めてしまい、リバウンドにつながって、
結果的にリバウンドしてしまいます。


ダイエットを止めてしまった(食事制限のない)時の状態というのは、
生体恒常性が働いているので、ダイエット前よりも少ない栄養で、
少ないエネルギーで済む体になっているはずです。
なのに、ダイエット前と同じ食事制限なしの食事をししまうと
必要以上の栄養が、身体に蓄えられていくことになります。
すると・・・
当然のことながら、体重増加という事になってしまいます。

これがリバウンドです。
しかも、悪い事に。
満腹感を感じる機能にもズレが生じているため、
ダイエット前の食事の量では満足することが
できない身体になっていることが多く、
気付かない内に食事の量も今まで以上に・・・。。。

そんな感じで、悪循環のスパイラルに陥り、
何度も同じような事を繰り返していくと、
どんどん太りやすく痩せにくい身体になってしまいますので、
気を付けましょう!!!
posted by ganbaruwoman at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | リバウンドの仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76605963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
dummy dummy dummy
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。